アクレケア成分

アクレケアのこんな成分がニキビ跡をサポート

 

 

 

 

カモミラエキス

カミツレ(英語名:カモミール)

 

カモミラエキスの「カモミラ」とはキク科のカミツレ(英語名:カモミール)という花の事。このカモミールから抽出されたものをカモミラエキスと言います。


カモミラエキスの主な作用・効能

  • 保湿効果
  • 炎症を抑える効果
  • 老化の原因にもなる活性酸素の抑制
  • 血行をよくする効果

 

などがあります。血行をよくする効果があるので、育毛剤などにも配合されている事も。カモミラエキスは肌に優しく刺激も少ないので、刺激をなるべく受けさせたくないニキビ跡やニキビにも安心して使用出来ます。

 

他の美白成分との違いは?どんな働きをするの?

一般的な美白成分はメラニンの色を黒くする成分「チロシナーゼ」の抑制をして美白効果を作りだしています。ですが、カモミラエキスは違います。人間は紫外線を肌に浴びると、エンドセリンという成分がメラニンを作り出すメラノサイトに「メラニンを作れ!」と命令します。カモミラエキスはこのメラニンを作れと命令するエンドセリンの力を抑えてくれます。

 

エンドセリンが工場長ならメラノサイトは作業員、メラニンはコンベアーを流れる製品といった所でしょうか。カモミラエキスは本社から来た監査員でメラノサイトをこきつかうエンドリセンに「働かせすぎなので休ませるように」と命令するイメージ…がわかりやすいかもしれません。

 

カモミラETとカモミラエキスって違うものなの?

カモミラETという成分名、聞いた事ありますでしょうか。花王が独自に開発し、1999年厚生省に認可された美白成分です。同じカモミラから抽出されたエキスで花王が独自開発したものなので”カモミラエキス”とは差別化をする為にカモミラETと呼ばれていますが、花王の商品に配合・仕様する際はカモミラETと表記され、別の会社の製品にはカミモラエキスと名前を変え表記されています。

 

また、カツミレエキスと表記される事も。結局は言い方が違うだけで同じものと考えて大丈夫です。(ただ、成分の濃度や配合方法などは化粧品メーカーや製品ごとに違いがありますので、ご注意を。)

 

※極稀(まれ)にキク科にアレルギーが出る人が存在するので、心配な方はパッチテストなどをするなどして注意しましょう。

 

 

卵殻膜エキス

卵殻膜

 

卵殻膜(らんかくまく)とはその名の通り「卵の殻の膜」の事です。卵を割ると、殻の内側に半透明の薄い膜(皮)がありませんか?これが卵殻膜です。何故この卵殻膜から抽出されたエキスがニキビ跡に効果があるのでしょうか?

 

卵殻膜の主な作用・効能

  • 肌組織のターンオーバーの促進・正常化
  • 保湿効果
  • 肌の弾力を保つ効果
  • 皮膚の修復作用

 

などの効果・効能があります。この中でも特に、ターンオーバーの促進これがニキビ跡には大事な部分と言えるでしょう。ターンオーバーとは、簡潔に説明すると肌の生まれ変わりの事。ニキビ跡がある肌のターンオーバーが正常に行われれば、結果ニキビ跡が薄くなるのが早くなる、と言う事になります。

 

この卵殻膜は驚くことにタンパク質(ケラチンタンパク)や18種類ものアミノ酸、コラーゲンやヒアルロン酸など多数の栄養分で出来ており、卵の中にいるヒナの栄養分となり、外部からの細菌などをシャットアウトする効果があります。この膜江戸時代にはこの卵殻膜を傷口に張って傷を治した、なんて話もあることから、古くから卵殻膜に修復作用があることは知れ渡っていたことが伺えます。

 

このアミノ酸やコラーゲンが含まれているのでこれだけでも肌に良いのですが、卵殻膜にはそれらの栄養分が含まれているだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸を作る細胞を活性化させてくれる働きがあります。

 

赤ちゃんのぷるぷる肌の元!V型コラーゲンを作り出す卵殻膜

コラーゲンと一言で言っても実にその種類は30種類以上あるのをご存知でしたか?その中でも、赤ちゃんの肌に多く含まれているとされるV型コラーゲンを増やしてくれる効果があるのが卵殻膜に含まれている細胞「線維芽細胞」です。

 

赤ちゃんの肌って独特のもちもち、ぷるぷる感がありますがそれはV型コラーゲンのお陰だったんです。V型コラーゲンは年齢と共に減少していくので子供の頃のあのもちもち感が加齢と共に失われていくわけです。このV型コラーゲンを増やす事でデコボコとしたニキビ跡の手触りをツルツルにしてくれる、と言うわけです。

 

様々な用途で使われる卵殻膜

卵殻膜はこの他にも、粉末にして繊維の原料にしたり、サプリメントや加工食品の原材料などにも使用したり、水に溶けるように加工してシャンプーなどに配合される場合もあります。(卵殻膜に含まれるケラチンタンパクが髪の痛みを補修してれる為)

 

卵アレルギーの人は使っても問題はないの?

卵アレルギーは卵白に含まれているオボアルブミン、オボムチンに反応して起こるアレルギーです。様々な栄養素を含んでいる卵殻膜ですが、これらアレルギーの原因になる成分は含まれていません。ですのでアレルギーを起こす事は無いと考えられますが、心配な方はパッチテストなどを行い様子を見て見るのが良いでしょう。

 

 

月下香エキス

月下香

 

月下香(英語名:チューベロース)とはキジカクシ・リュウゼツラン科ゲッカコウ属の球根植物です。原産国はメキシコでフローラル系の良い香りがすることから香水やアロマ(エッセンシャルオイル)などによく使用されています。月下香エキスはチューベロース多糖体と呼ばれる事が多いです。

 

月下香エキスの主な作用・効能

  • 高い保湿効果

 

ただの保湿効果じゃない、その保湿効果は実にヒアルロン酸の10倍!?

月下香の花弁から抽出されるエキスは保湿力が強いと言われていますが、その保湿力は最大であの有名なヒアルロン酸の10倍。角質の保護能力に優れており、粘着性の高いゲル状のエキスでデコボコとしたニキビ肌の表面に薄いベールを作ってくれ、透明感を出し滑らかに、手触りをよくしてくれます。肌のバリア能力を高めてくれるのでニキビやニキビ跡を悪化させない効果も。

 

月下香エキスで検索してみてもアクレケアについてのページが大量に出るだけですが、もっと詳しく調べてみたい場合はチューベロース多糖体で検索するとより多くの専門的な情報が手に入りますので、ご参考までに。

 

 

 

カムカムエキス

カムカム

カムカムとは、南米アマゾン川流域の湖周辺などに自生しているフトモモ科キブドウ属の赤い果物です。大きさは1〜3cm程の球状で、中身の果肉部分はピンク色。とても良い甘い匂いがする、スーパーフルーツと呼ばれる果物です。

 

すごく甘そうに見えるカムカムですが、実はかなり酸っぱい果物。ですので、生で食べる人は殆どいません。この酸っぱさはレモンの50倍以上のビタミンCや、多くのクエン酸を含んでいる事から来ている酸っぱさです。なんと、この世の中に存在している植物や果物の中で一番多くビタミンCを含んでいると言われています。

 

カムカムの主な作用・効能

  • 美白効果
  • 疲労回復効果(クエン酸)
  • 抗ストレス作用
  • 抗酸化作用
  • 免疫力を高める作用

 

カムカムと他の果物とのビタミン含有量の比較

カムカムがどれだけすごいのか、ビタミンCを多く含んでいるとされる色々な果物と含有量を比較してみましょう。(※全て100gあたりの含有量)

 

 

いちご

ビタミンC 62mg

 

キウイ

ビタミンC 69mg

 

レモン

ビタミンC 100mg

 

ゆず

ビタミンC 150mg

 

グァバ

ビタミンC 220mg

 

アセロラ

ビタミンC 1,700mg

 

カムカム

ビタミンC 3,000mg

 

 

カムカムに含まれている様々な成分
  • ビタミンC
  • ポリフェノール
  • エラグ酸
  • フラボノイド
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB3(ナイアシン)
  • バリン
  • ロイシン
  • セリン
  • カルシウム
  • リン
  • クエン酸

 

この中でもエラグ酸は素晴らしい美白効果をもっています。このエラグ酸が黒ずんだニキビ跡やしみに働きかけてくれるのでカムカムから抽出されたエキスはまさにニキビ跡にぴったり。

 

カムカムの化粧品以外への加工・使用用途

 

 

 

ヒアルロン酸


誰しもが一度は聞いた事がある保湿成分、それがヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は人体や肌に元々存在している成分。この点からもどれだけ肌にとって安全で優しい成分かがわかります。人体から作り出されているヒアルロン酸ですが、年齢と共に生産量が落ち、水分保持能力が落ちてきます。

 

ヒアルロン酸の主な作用・効能

  • 保湿効果

 

若いからといって必要ないのか、と言うとそうではありません。ヒアルロン酸は人間の体にある様々な細胞同士をくっつけてくれる効果があり、水分バランスが崩れているニキビの部分などに浸透させることで、水分バランスや肌のバリア機能を保ってくれる役割をしてくれます。

 

ヒアルロン酸って肌の深層部分まで届かないって聞いたけど本当?

本当です。ですが、ヒアルロン酸を配合する狙いはそこではありません。肌の表面にフタをし、水分の流出を防いでくれる効果がある為に化粧水などに配合されているわけです。

 

月下香エキスがあるからヒアルロン酸は必要ないんじゃないの?

そんなことはありません。月下香エキス(チューベロース多糖体)は非常に高い保湿力を持っていますが、非常に貴重で高価なエキスです。原材料が手に入りやすいヒアルロン酸と混ぜ合わせる事により、より安価にアクレケアの保湿効果を相乗効果で高めています。

 

 

 

グリチルリチン酸2k


多くの化粧品に配合されているお馴染みの成分。

 

グリチルリチン酸2kの主な作用・効能

 

 

 

茶エキス

 

茶エキスの主な作用・効能

 

デコボコニキビ肌にアクレケア

 

 

公式サイトに記載されている成分表

アルブチン 、グリチルリチン酸2K 、その他成分 、精製水 、チューベロースポリサッカロイド液 、水解卵殻膜 、カムカムエキス 、ヒアルロン酸Na-2 、カモミラエキス-1 、茶エキス-1 、POE(10)メチルグルコシド 、BG 、キサンタンガム 、1,2-ペンタンジオール 、濃グリセリン 、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール 、ジイソステアリン酸ポリグリセリル 、POE(60)水添ヒマシ油 、ヒドロキシエタンジホスホン酸液 、水酸化Na 、メチルパラベン 、無水エタノール

 

参考リンク

Wikipedia:カモミール
Wikipedia:チューベローズ
Wikipedia:ヒアルロン酸
Wikipedia:カムカム
カムカム協会
わかさ生活成分情報カムカム